簡単にできるほくろ治療【肌悩みは解消可能】

美肌にほくろは必要ない

レーザー以外の方法もある

鏡を見る女性

好きな方法で治す

ほくろは、顔にあると非常に気になってしまいます。小さいものが一つだけという場合には、涙ぼくろなどチャームポイントと捉えることも可能ですが、複数あったり大きかったりすると邪魔です。そういう時には、シミやそばかすのように病院で治療を受けて除去することができます。ほくろの治療といえばレーザーによる施術というイメージが強いですが、方法はレーザーだけではありません。その個数や深さ、大きさ、更には患者自身の求める効果によっても方法は変わってきます。まずほくろには、大きく分けて二つあります。それは盛り上がっているか盛り上がっていないかです。盛り上がっていると触った時に感触があり、見た時にも非常に目立つので、治したいという患者が多い種類でもあります。盛り上がっている場合には、炭酸レーザーと手術の二つの方法があります。炭酸レーザーは、その盛り上がっている部分のみを除去する方法です。盛り上がっているほくろは、実は皮膚の表面部分のみがメラニン色素を産生していて、皮膚の奥の方は肌色のままという場合が多いです。その場合は、この盛り上がりを炭酸レーザーで除去してしまえば元通りの皮膚になります。炭酸レーザーなら、傷が浅く短期間で治療ができる上、傷跡も残りにくいです。しかし、例外的に進行しすぎているという場合があり、これは皮膚の奥からメラニン色素が産生され、それが大きく皮膚の表面から盛り上がっている状態です。この場合はレーザーで奥まで焼くことが出来ず、残ってしまいます。なのでこの場合、手術をします。手術をすれば皮膚の奥の細胞を切除でき、完全に治療することが可能です。一方、盛り上がりのないほくろの場合は上記の炭酸レーザー、手術の他にもう一つ医療脱毛などに利用されるレーザーを使った方法もあります。医療脱毛などに利用されるレーザーは、メラニン色素のみに特異的に反応します。つまり周りにある他の細胞を傷つけることなく、ほくろだけにピンポイントでダメージを与えることが出来ます。すると、麻酔なしで1度に複数個を施術することが出来ます。しかし盛り上がっているのに対しては使えないように効果が弱いので、月に何度かを数ヶ月間続けて施術しなければ取り除くことができず、長期間通院する必要があります。医療脱毛などに利用されているレーザーが適しているのは盛り上がっていないほくろが複数個ある場合、絶対に傷跡を残したくない場合です。そして炭酸レーザーが適しているのは、短期間で治したい場合と盛り上がっている軽度なほくろを治療する場合です。そして手術が適しているのは、大きく深いものを切除しなければならない場合です。このようにほくろの治療には、症状に応じてレーザーの中には二種類、そしてレーザーの他にも手術による切除という方法が存在します。基本的にこれらの選択は医者が行いますが、患者側が希望を出せば患者のやって欲しい施術方法に変更することもできます。例えばすぐに治したいから炭酸レーザーを使ってほしい、と言えば炭酸レーザーでの施術を受けることもできます。そして、こうした施術方法を知っていなければ自分の要求を医者に伝えることが出来ません。受けたい方法を受けられるように、医者に診てもらう前に治療法ごとの知識はつけておきましょう。

Copyright © 2017 簡単にできるほくろ治療【肌悩みは解消可能】 All Rights Reserved.